銀行の産業保健師求人情報

銀行の産業保健師求人事情は!?

銀行と言うと、都市銀行・地方銀行など様々な銀行があります。また、銀行内においても、預金・融資など多様な役割を持った部署があるため、一言に銀行と言っても、色々な人が働いています。ほとんどはデスクワークですから、製造業などとは異なり怪我の心配と言うのは比較的少ないのですが、最近注目されている心の病の予防については、産業保健師のニーズが高まっているバックグラウンドとなっています。

人とお金をつなぐ役割を持っている銀行では、精密な作業や精神的なプレッシャー・ストレスがつきものとされ、心の病にかかる人が増加していると言われています。また、デスクワークと言うことで長時間労働になる傾向もあり、そういった精神的負担から、自殺やうつ病などで労災となるケースが出てきているのです。

労災ともなれば、管理者、要するに経営者・経営層・会社自体の責任となりますので、銀行で働く行員へのケアは、これまで以上に重要視される傾向にあると言えます。たかがデスクワークと言っても、心身を蝕む病にかかる可能性は充分にあるのです。

さらに、大手銀行ともなると全国に支店があります。そういった先端・末端で働く人達にこそケアが必要とされている時代ですから、産業保健師はそれらの支店を回って、ケアをするという業務も充分にありえます。もし、あまり出張などができない環境にある方は、こうした支店などの多い銀行系の産業保健師への転職は避けたほうがよいかもしれません。

こうしたメンタルヘルスは、なかなか“治った”という状態になることもなく、また、予防することも困難です。だからこそ、チームワークが求められます。支店の多い銀行では、特にそれぞれの支店における管理者等と密にコミュニケーションを取り合うことが必要となるでしょう。責任は重大ですが、やりがいのある仕事とも言えるでしょう。

そんな銀行における産業保健師の求人ですが、やはり待遇も良いこともあり、狭き門であることは事実です。だからこそ、募集に対してタイムリーに応募することが必要になってきます。今の仕事から転職を考えている人は、忙しい中で時間を割くことは難しいかもしれません。そんな時は、わずらわしい作業を代行してくれる転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

あなたに代わって情報収集や交渉はもちろん、タイムリーな募集へのアドバイスや面接カウンセリングなども行ってくれる所もあります。時間を無駄にしたくないのであれば、こういったサービスを上手に活用することをお勧めします。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ