産業保健師への転職をお考えなら・・・

産業保健師へ転職を検討している方へ

産業保健師とは、企業で働く保健師のことを指しています。主に、健康保険組合を持つ企業に勤める保健師を指しており、企業で働く社員の健康を指導する立場にいます。産業保健分野において、保健師の存在はとても重要な役割を持っています。産業医や企業で働く衛生管理者とタッグを組んで、労働安全衛生法に基づいた健康管理を行うことが主な任務です。企業が設置する保健管理センターや、企業内クリニックなどでも産業保健師のニーズが高まっています。

従業員数が1000人以上の大手企業・事業所では産業医や保健師の配置が9割以上を占めていますが、中小企業では嘱託産業医を配置するにとどまり、保健師や看護師を常駐させていないところが殆どであることが浮き彫りとなっています。福利厚生の一環として、中小企業においても保健師を配置することが多くなってきましたので、転職サイトなどにおいてもニーズが高まってきています。

産業保健師の仕事は、医療機関や自治体で働く同業者と異なり、企業が定めるカレンダー通りの仕事となります。定期健康診断などの時期は繁忙期に当たりますが、この他の時期は職場の保健環境や衛生環境を高める工夫や、従業員に対する健康管理・衛生面の啓もう活動を行うことが殆どです。夜勤や休日出勤もありませんので、自分の生活を大切にしたい・家事と仕事を両立させたいという方にお勧めです。場合によっては地方勤務や転勤などに対応する可能性もあります。

また、保健師は国家資格ですので、企業によっては医療職待遇の資格手当が付与されます。企業の社員として働く場合、福利厚生面でも手厚いサービスを受けることができます。国家資格を持った専門職としての仕事が約束されていますので、定年まで職務を全うできる可能性が高いのもうれしいところです。

産業保健師として転職を考えている場合は、医師・看護師・薬剤師などの求人を専門に取り扱う転職の支援サービスを利用することをお勧めします。ピンポイントな求人情報を取り扱っているため、短期間で自分自身が納得できる職場を探すことができます。インターネット上で求人案件を探すことができるので、勤務しながら水面下で求人情報を探している場合でも、時間を気にせず活動することができるのも魅力です。企業で働く保健師の案件は、非公開である場合が殆どです。転職支援サービスに無料会員登録を行った後に閲覧できる案件ばかりですので、できるだけ会員登録をしてから有益な情報を探すことをお勧めします。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ