産業保健推進センター

産業保健師求人ガイド > 産業保健推進センター
産業保健推進センターとは

最新人気サイトランキングはコチラから!

(産業保健推進センター http://www.rofuku.go.jp/shisetsu/tabid/578/Default.aspx)は、独立行政法人・労働者健康福祉機構の中に設けられている産業看護師の研修と研究機関です。労働者健康福祉機構は、労災病院を管轄する実質的には国の機関で、リハビリテーションセンターやさまざまな研修期間を擁しています。天下りの確保のための機関と非難されることの多い独立行政法人ですが、真摯な取り組みも多く労災などの不幸な人への福利を提供するとともに労働に対する近年失われがちな啓発活動もしています。

そういった中にあって産業保健推進センターでは、産業医、産業看護職、衛生管理者等の産業保健関係者を支援する目的で、全国47の都道府県に産業保健推進センター及び産業保健推進連絡事務所を設置しています。全国の産業保健推進センターでは(秋田など産業保健師が少ない県では、センターではなく事務所を開設しているところもあります)、各種の研修・研究・啓発・広報活動などを通じて産業保健師のレベルアップに努めています。視聴覚資料や図書の貸し出し、メールマガジンなども充実しており非常に設備に優れています。とりわけウェブページが非常に充実しており、研修日程や各種の予約ができるところもあります。

産業保健推進センターは、日本産業衛生学会の研修機関になっていて、産業看護師や産業保健師の養成に利用されています。特に産業看護師の場合、認定資格を得るために必要な産業看護講座ナースコースの講習を行う場所でもあります。産業保健師としては資格取得後に研修を受けるための施設となっており、講習内容は日本産業衛生学会の看護部のホームページから確認することができます。産業保健師や産業看護師はこの施設を継続的に利用しており、年間の訪問日数も平均で月1回以上の割合となるため、施設の概要などは知っておいたほうがよいです。

各地の産業保健推進センターで注目すべきものに、作業環境測定機器というものがあります。近年の東日本大震災で大きな問題となった放射線の検査機器なども含まれています。そのほかにアスベストなどが問題となる職場向けに粉塵の測定機器や毒ガスの測定機器などもあります。ブルーカラー向け労働環境だけでなくデスクワークでの各種問題を測定するための照度計や騒音・防音機器なども含まれています。健康診断などの各事業所に配置されている機器以外にこういった保健師向けの特殊機器を備え職場環境の問題をモニターする準備をしています。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナースではたらこ

公式サイト ナースではたらこの公式ページへ

ランキング 産業保健師求人ランキング第2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ

ランキング 産業保健師求人ランキング第3位
サービス名

看護roo!

公式サイト 看護roo!の公式ページへ