産業保健師と産業看護師の違い

産業保健師求人ガイド > 産業看護師との違い

産業保健師と産業看護師の違いを知ろう!

産業保健師と産業看護師の違いは、どういった点があるかご存知ですか?最も大きな違いは、産業保健師が「病気や怪我を防ぐ」という役割を企業内において担っているのに対し、産業看護師は「病気や怪我を治療する」という役割を企業内において担っているのです。要するに、予防と治療の差ということになります。そのため、1つの企業の中で両者が配置されていることは珍しい話ではありません。

ただ、最近では産業看護師も予防などを求められる傾向にありますから、どちらか1名という企業も多いようです。そもそも保健師というのは、看護師資格を所持した上で得られる資格です。そのため、まず企業ではなく病院などで看護師としての経験を積み、その上でステップアップして保健師になるという人も多いと言われています。実は、この予防と治療の差を除けば、産業保健師と産業看護師に求められている役割は、ほぼ同じと言えます。

保健師であろうと、看護師であろうと、企業にとっては社員の健康が適切に管理され、健やかに働いてくれさえすれば良い訳です。そのため、企業側の認識としては「どちらでもいい」ということになりがちです。ただ、保健師は、看護の知識・技術を習得した上で、さらに保健としての専門知識・専門技能を修得した資格です。プロフェッショナルという意味では、保健師を雇うべきかもしれませんが、そういった事情について無頓着な企業は、あまり細かいところまで考えず、とにかく医療関係者を1名雇っておけばよい、という程度の認識だというケースもないわけではありません。

だからこそ、保健師としての資格を活かした転職をするのであれば、その価値をしっかりと認識してくれている企業を選びたい所ですよね。でも、なかなか企業の実情や考え方などは、待遇など以上に聞きにくいもの・・・。そんな時こそ、無料の転職エージェントの情報収集力を利用してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは、あなたと企業の間に入ってくれる、いわば緩衝材です。産業保健師に対する考え方・重要性などのような、聞きにくいことも、矢面に立ってしっかりと聞いてくれます。言うまでもなく、産業保健師を必要としている企業を探し出し、あなたの条件にあった求人をピックアップして提供してくれますので、納得のいく転職ができるのではないでしょうか。

近年、企業において、社員の心身の健康は最重要課題のひとつとなっています。そういった認識を共有できる企業に、産業保健師として転職したいのであれば、転職エージェントを使うのも、ひとつの方法ではないでしょうか。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ