産業保健師の臨床経験について

産業保健師に臨床経験は必要なの?

保健師の中でも民間企業に勤務する人は産業保健師と呼ばれています。民間企業の中でも規模が大きな大企業になると、オフィスビルの中に健康管理室が設けられていたり、健康保険組合を持っている企業が多くなり、産業保健師はそうした職場で仕事をすることになります。保健師の仕事は、病気になってから治療を行うという仕事ではなく、病気にならないように予防をするための指導を行うことですが、そうした職務は産業保健師においても変わりません。しかし、企業の中で働く場合には、ただの予防医療だけではなく、わずかな異変を出来るだけ察知する洞察力なども必要となります。看護師や保健師の資格を取得したばかりの新米では、そうしたわずかな異常を見つけることは難しいものです。

保健師の仕事は、社員の体調をヒアリングして、考えられる疾病などがある場合には大きな病院を診察することを勧めたり、適切な対策や対処法などをアドバイスすることですが、適切な指導やアドバイスをするためには、たくさんの症例を経験する必要があります。そのため、産業保健師として即戦力になるためには、豊かな臨床経験があったほうが良いでしょう。

資格を取得したばかりの保健師では、産業保健師は大きなプレッシャーとなったり責任が大きすぎることにもなりかねません。病院勤務をする看護師の場合や保健所などに勤務する保健師場合には、先輩保健師や医師などがいますから、わからない点は指導を受けながら業務をこなすことができます。しかし企業に勤める産業保健師の場合には、最低人数の保健師しか雇用されていないケースが多いため、一人の保健師にかかる負担は大きくなります。また、保健師にとってわからないことがあっても、教えてくれる先輩などはいませんから、分からない点は自分で勉強したり調べるなどの努力が求められます。そう考えると、まったく臨床経験がない保健師よりも、ある程度の保険があって臨機応変に対応できる経験者の方が、企業にとっては即戦力となるので仕事を見つけやすいといえます。

産業保健師として役立つ臨床経験は、保健師としての経験だけでなく看護師としての経験も有効です。基本的な知識や技術力があることは言うまでもありませんが、数年間の経験を積めば企業に勤めるにあたって即戦力となれる知識を得ることができます。保健師の仕事は人気が高いのでなかなか求人が出にくかったり、出てもすぐに埋まってしまうことも多いのですが、保健師としての経験だけでなく、看護師としての経験も十分に役立つので、転職の際にはそうした点もアピールすると良いでしょう。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ