英語力を活かせる産業保健師求人情報

英語を活かせる産業保健師の求人はあるのか!?

最新人気サイトランキングはコチラから!

あなたがもし、保健師としての資格を所持していて、なおかつ英語が得意だとしたら、英語力を活かした産業保健師として働きたいと考えるかもしれません。では、英語のスキルというのは、現実問題として産業保健師の仕事に役立つのでしょうか?その答えは「YES」です。どんな業界においてもグローバル化は避けて通ることのできない道である昨今、英語のスキルは特殊なスキルではなくなってきています。

企業によっては、日本企業であるにもかかわらず、公用語を英語としている所もあるくらいです。つまり、日本においても、英語と言うのは当たり前の存在になりつつあるというわけです。

もちろん、保健師としての知識や経験、技術などといったものは、日本で働いている以上、日本語で学び、習得するはずです。しかし、それを英語というグラウンドの上で使うシーンは、決して少なくありません。先に述べたように、グローバル化を目指す国内企業であれば、各国に支店・支社があります。また、外資系企業では、日本に支店・支社があります。そういった中では、様々なバックグラウンドを持った人達が働き、英語を公用語としていることがほとんどです。保健師としてのベースは日本語でも、グローバル企業で働く人達の健康を管理・増進するのには、英語が必要不可欠だというわけです。

だからと言って、英語が話せるだけでは不十分です。英語はあくまでも“ツール”であり、その根底に求められるのは“コミュニケーション”です。言葉が話せても、相手としっかり意思の疎通ができなければ、チームを組んでいる産業医や衛生管理者とも充分な連携が取れませんし、多国籍な社員達に対して適切な健康管理や予防措置ができるとは思えません。

もちろん、英語のスキルがあるということはプラス要素ではありますが、それで終わりではないということをしっかりと認識しておきましょう。さて、そんな英語を活かした産業保健師の求人ですが、なかなか一般的には募集がされていないのが現実です。企業側としても、大人数を雇うわけではないので、大々的に求人する傾向はないと思われます。そこで利用したいのが、転職エージェントです。

転職エージェントは、企業の人事担当者等と独自のパイプを持っていますから、未公開の求人情報を豊富に所持しています。こうした情報は全て、登録するだけで無料に得ることができますし、あなたの持っている英語のスキルを活用したいことを伝えれば、あなたに代わって情報を集めてくれます。産業保健師そのものが狭き門であるだけに、こうした無料サービスを上手に利用するのが、これからの賢い転職の方法かもしれません。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナースではたらこ

公式サイト ナースではたらこの公式ページへ

ランキング 産業保健師求人ランキング第2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ

ランキング 産業保健師求人ランキング第3位
サービス名

看護roo!

公式サイト 看護roo!の公式ページへ