高収入の産業保健師の求人情報をお探しの方へ

高収入の産業保健師求人を探すなら!

保健師は勤務する職場によって行政保健師と産業保健師の2つに大きく分類することができます。行政保健師は各自治体にある保健所や保健センター、市役所などで働く公務員となる保健師で、産業保健師は民間企業に社員として勤める保健師です。この行政保健師と産業保健師では収入面で違いがあると言われていて、行政保健師の平均年収は500〜550万円前後で、産業保健師は400万円〜700万円前後です。このことからも分かるように高収入の産業保健師求人を探すことは可能です。

このように行政保健師よりも産業保健師の方が高収入になる要因は、産業保健師を雇用する企業は比較的規模の大きい大手企業が多いからです。社内に医務室や健康管理室などを設置して従業員の健康管理や衛生管理を行うことはコストがかかってきます。その為、まだ中小企業では設置するところが少なくて、ほとんどが大手企業に限定されている状況です。

産業保健師は先に触れたように企業の社員として雇用されることが多いので、収入の面だけでなく福利厚生や待遇なども社員と同様のケースが多いです。また、研修や学会などに参加する時の費用を負担してくれるところもあって、スキルを向上する教育システムも充実している企業もあるのです。しかし、先に触れたように産業保健師の平均年収は400万円〜700万円前後ととても大きな幅があります。つまり、企業によって収入に大きな開きがあるということです。高収入の産業保健師求人を探すのならその点に注意しながら探すと共に、就職後の昇給に関係してくる企業の将来性や安定性も考える必要があります。高収入の産業保健師求人を探して転職した後に、企業の業績が低下して収入が減少しては高収入の産業保健師求人を探した意味がありません。

高収入の産業保健師求人を探すのなら、高収入・高待遇で人気の高い求人なので多くの応募があって競争率も決して低くはありません。また、求人募集されるのは前任者が退職するタイミングがほとんどなので、いつ募集されるか分からない不定期な求人です。その為、常にアンテナを張って情報を収集る必要がありますし、ライバルよりも早く情報入手することも必要です。

また大手企業は実力主義の世界とも言われていて、それは企業の業務内容に直接関係しない保健師にも通じることです。企業としても即戦力を求めているので保健師としてのキャリアやスキルは重要になりますが、それ以外の産業看護師として役立つ資格があると有利になります。高収入の産業保健師求人を探すのなら、この点も認識して知識を磨いたり資格の取得をしたりすることも検討する必要があると言えます。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ