福岡の産業保健師求人情報

福岡の産業保健師求人事情

最新人気サイトランキングはコチラから!

地域での保健師求人を探す場合には、転職斡旋サイトを利用するのがもっとも有効です。しかし地域によっては、転職斡旋サイトの求人数は必ずしも多くありません。正職員の育成が多いですがそれ以外の場合、看護師や保健師のコネクションを利用して保健師人材を探します。国の独立行政法人である労働者保健福祉機構の中にある産業保健推進センターでの研修会は、キャリアがある人同士の交流の場になります。看護師から産業看護師・保健師を目指す人の人材を探す手段になります。各地方の産業保健推進センター(一部連絡事情所を含む)を見てみます。

福岡の産業保健推進センターでは、九州全域のセンターの中核として機能しています。他の九州の産業保健推進センターへの応援などを通じて相互交流を図っています。地域産業保健センターに医師会などと連携して業務に当たることも同じです。福岡の産業保健推進センターの特徴は、ウェブサイトで動画の研修を行っていることです。研修内容や紹介に積極的に動画を取り入れており、福岡といっても広い地域をカバーするような設計を心がけているようです(平成24年5月現在。動画は一時的に利用できません)。

研修の内容は、職場におけるハラスメントと対策−基礎編、騒音対策の基礎、衛生担当者初任研修会、職場におけるハラスメントと対策−応用編−、メンタル職場復帰支援の手引きをめぐってなどで、一部のセンターにあるようなブルーカラー向けが多いとか、大都市向けの管理者向けの講習が多いということはありません。比較的一般的な研修内容が多いのが特徴的です。メンタルヘルスやパワーハラスメント関係のホワイトカラーの職場で起こりがちな精神疾患対策が多いようです。

福岡の産業保健推進センターは、大都市であっても中規模のセンターの特徴が散見されます。具体的な活動は地元の医師会などと連携して行うことが多いのでしょう。大都市なので転職斡旋サイトの中に福岡での求人は若干あります。転職する場合には転職サイトと認定資格団体の情報など多数の登録をしながら仕事を探す必要があるかもしれません。大都市圏では高度に発展してセンターの機能は実務的になり、中規模な都市では各地域の保健センターでの実務が多いために医師会・地元病院のことを知っておいたほうがよいでしょう。最終的には地元の工業団地にヘルスケアメーカーの移転があったり、地方自治体での保健師の募集を探したりするのがよいのかもしれません。保健師ではなく看護師として一度病院に就職し、保健師の仕事を待つというのも非常に現実的でしょう。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナースではたらこ

公式サイト ナースではたらこの公式ページへ

ランキング 産業保健師求人ランキング第2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ

ランキング 産業保健師求人ランキング第3位
サービス名

看護roo!

公式サイト 看護roo!の公式ページへ