札幌の産業保健師求人情報

札幌の産業保健師求人事情

地域での保健師求人を探す場合には、転職斡旋サイトを利用するのがもっとも有効です。しかし地域によっては、転職斡旋サイトの求人数は必ずしも多くありません。ナースバンクやハローワークでの求人数も多くありません。しかし大規模な病院や近年増加しているどこの地域にもある老人保健施設で保健師の仕事がある以上仕事はあります。ではどうやって保健師の職場ができているのでしょう。ひとつには、施設内での看護師の昇進です。看護師を衛生管理者としてキャリアアップさせるために保健師を取得させます。もうひとつは、看護師や保健師のコネクションを利用して保健師人材を探しています。

その為に交流の場となっているのが、国の独立行政法人である労働者保健福祉機構の中にある産業保健推進センターにあります。産業保健推進センターの各事業所は、保健師を取得した人の更なるステップアップのための民間資格のための研修所にもなっていますが、こういった場を高いキャリアがある人同士の交流の場にするのです。看護師から保健師を取得し転職を考えていたり、看護師から産業看護師・保健師を目指す人の人材を探す手段になります。ここでは各地方の産業保健推進センター(一部連絡事情所を含む)を見てみます。

札幌の産業保健推進センターでは、北海道全域の中でここひとつしかないために非常に重要な拠点になっています。ただし北海道は各地域の保健センターとのつながりは医師会を仲介して行うものが多く独立した組織として系統的に管理しているようではないようです。どちらかというと看護師や保健師のための研修の役割が強いです。研修も文章や情報提供のほうが強いです。札幌の街中にあるためか工場などの事業者向けの相談はほとんどなく、オフィス勤務者向けのメンタルヘルスや職場環境の改善に強い傾向があります。

情報誌としては各地の産業保健21や北海道独自の北の産業保健を発行しています。海外勤務者保健情報を強化しているのが特徴で、特殊な利用のされ方をしているところがあります。北海道は広いためか研修内容なども文章や情報提供を通じて行っているものが少なくありません。情報収集は機関誌やメルマガなどの登録から始めたほうがよいようです。北海道では産業保健推進センターとして活動するというより地域の医師会と地域保健センターで具体的に活動する比重が大きいようです。求人は医療機関や介護施設などを通じて行われる傾向が強いようです。そちらの情報収集を強化したほうがいいでしょう。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ