横浜の産業保健師求人情報

横浜の産業保健師求人を探す!

最新人気サイトランキングはコチラから!

産業保健師は、企業内における保健師のことを指し、大きめの企業で積極的に採用されている傾向があります。小さな会社では保健師を雇うほどの資金力に欠けるため、企業内の保健師として働くのであればある程度エリアが限定されてきます。産業保健師は企業の中でも本社で働くことが多いため、本社立地の多いエリアが必然的に求人数も多くなります。東京都が最も多いことは間違いないですが、それ以外にも募集件数が多めの地域があり、それは横浜です。

神奈川県の県庁所在地である横浜市で産業保健師になりたいのであれば、横浜市で探すと、いくつかの求人がヒットします。横浜で働くメリットは、求人数が多いこと。求人数が多ければ採用される可能性もグンと高まるため、おすすめです。

健康維持を増進することが保健師の最大の業務ですが、場合によっては治療も行ないます。保健師になる為には、保健師国家試験の他に、看護師国家試験も必要になります。保健師で働くには、看護師の経験が役に立つということです。企業に勤める従業員がすべて対象となります。社員の健康増進を行なう為に、インフルエンザなど季節性の病気が流行する前にその啓発を行なったり、健康診断を促進させたりします。

産業保健師の魅力は大きく2点。1つは、年収が高めであること。企業によって異なりますが、多くの産業保健師を雇う企業は大企業であるため、比例して年収も高めになります。年収だけがすべてではありませんが、転職における重要な要素の一つであることは変わりないでしょう。年収アップを求めて転職活動を行なう看護師さんもいらっしゃいます。

2つ目は福利厚生が充実していること。大企業は軒並み福利厚生が充実していることが特徴で、産業保健師も社員の一人であるため、例外ではありません。特に看護士時代と比較すると大きく異なります。看護師の勤務はシフト制がほとんどで、土日出勤はもちろん、夜勤や残業なども多いと言われています。一方で、企業内の保健師は勤務時間は日勤のみで、土日も休み、福利厚生が充実しているので休みが取りやすいことも大きな魅力の一つです。特に子供がいるご家庭では両立しやすい職種であると言えるでしょう。

横浜で産業保健師として働く為には、求人数が少ないことをしっかりと頭に入れておくことが大切。自分で探すと同時に、キャリアコンサルタントなどに依頼しておくこともおすすめです。希望する条件に見合った求人先を紹介してくれます。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナースではたらこ

公式サイト ナースではたらこの公式ページへ

ランキング 産業保健師求人ランキング第2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ

ランキング 産業保健師求人ランキング第3位
サービス名

看護roo!

公式サイト 看護roo!の公式ページへ