Googleの産業保健師求人をお探しの方へ!

Googleの産業保健師求人を探す!

Googleは全世界規模の検索サービスを提供しているIT企業です。日本にも法人を持ち、多くの従業員を抱えています。検索サービスだけではなく広告サービスや、SNSサービスの提供を行っています。グローバルな視点を持ってサービスを展開しているので、定期的に画期的なサービスを提供しては、大きな反響を呼ぶことでも知られています。SNSサービスは一般人や、芸能人の近況報告の発信に多く利用されており、閲覧経験がある方も多いのではないでしょうか。

Googleではフレックス勤務を中心としていますが、ITという性質上、オーバーワークになりがちのところも否めません。企業に設けられている医務室で産業医や産業保健師などがメンタル面で不調を及ぼさないよう常にアンテナを張り巡らせています。事前にメンタル面の不調を予防啓蒙や、健康診断・各種カウンセリングの励行を推進していくのは産業保健師の仕事とも言えるでしょう。

Googleで一般職として転職をする場合は、日常会話以上の語学力・英語力が必要となります。もちろん実務経験も必要です。最終学歴は、大卒・大学院卒であることが求められています。産業保健師として転職する場合も、同等の条件を満たしていることが求められると考えて良いでしょう。また医療職でも、IT企業ですので、パソコンの取り扱いに長けていることは必要不可欠です、また、ITに関する話題を聞きかじっておき、話ができるほどまで見聞を広げておくと、従業員とのコミュニケーションにも役立つことでしょう。看護師・保健師などに特化した転職支援サイトを利用することで、Googleでの産業保健師に関する転職求人があるかどうか探すことができます。まずは無料会員登録を行いましょう。

転職支援サイトを運営する転職エージェントのキャリアアドバイザーと面談を行うことで、IT企業の概況や景気などを教えてもらえます。またこの企業で産業保健師として働きたい場合に補っておくべきスキルに関して、レクチャーしてもらうことも可能です。もちろん、採用条件などが細やかに定められている企業ですし、タイミングよく求人が出されることもありません。運よく募集があったとしても採用条件にマッチングしなければ応募することができませんので注意が必要です。この企業に近いIT企業や、他の業種でもたくさん産業保健師の募集があります。キャリアアドバイザーと話を詰めながら、自分自身にとってよりよい企業へ入社できるよう模索をしていきましょう。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ