パナソニックの産業保健師求人をお探しの方へ!

産業保健師求人ガイド > 大企業 > パナソニック

パナソニックの産業保健師求人を探す!

家電メーカー最大手のパナソニック。古くは松下電工と呼ばれており、日本国内でも老舗のメーカーと言えます。今では世界へ向けても輸出されているメーカーとしても知られています。家電ばかりではなく、さまざまな事業も手掛ける企業となりました。パナソニックでは、さまざまな部門で働く従業員を抱えているため、保健管理に関して徹底しています。

健康管理センター直属の健康管理室を設け、医務室としての機能を持っています。産業保健に関する業務に携わる産業保健師のニーズはとても高く、全国にある健康管理室で働いたり、健保組合が運営する産業衛生科学センターなどで働いたりすることが可能です。また、パナソニック系列の一般の方でも受診できる病院や老健施設、看護専門学校なども存在していますので産業保健師としての仕事ではなく、企業で働く一般の保健師としての仕事も可能です。

大手企業で産業保健師として働きたいと希望する場合は、看護師専科の転職支援サイトを利用することが一番の近道です。大手企業の求人案件は、大抵は非公開として扱われているので、転職支援サイトに無料会員登録を行い、地道に探していきましょう。

パナソニックのような大手企業で働きたいという場合は、いくつか身につけておきたいスキルがあります。一つは、パソコンのスキルです。さまざまな管理をオンライン化させていることが多いので、医療職でもパソコンの基本動作は一通りこなせることが基本となります。また、最終学歴も注目されます。できるだけ、メンタルヘルスに関する専門知識を深めていきましょう。場合によっては、キャリア形成のためという理由から、転職でも年齢の上限が定められることがありますので、注意が必要です。

転職支援サイトでは、キャリアアドバイザーとの面談を行うことができます。この面談を通して産業保健師として働く適性があるかなどを診断してもらえます。また大手企業で働くためのスキルが足りているかなどを見極めてもらうことも可能です。また企業の事情や医療業界の情報を教えてもらうことができますので、この情報を踏まえて転職先を見極めていくこともできるはずです。

転職支援サイトは、ただ求人案件を提供しているというだけではなりません。先述の面談サービスや、転職先企業との待遇に関する交渉なども、すべて無料で利用できるので、すべて味方につけて転職活動を有利に進めていきましょう。パナソニックは、収入などの面で多企業よりも厚遇が見込める企業ですので、常にアンテナを張り巡らせて情報収集していきましょう。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ