男性産業保健師の求人情報

男性産業保健師の求人事情は!?

最新人気サイトランキングはコチラから!

そもそも保健師は、元は保健婦と呼ばれているほど、女性の仕事として認知されているものでした。しかし、近年では考え方も大きく変わり、名前も保健婦から保健師となって、男性でも保健師として働くことが一般的になってきています。ただ、現実としては、1994年に初めての男性保健師が誕生しているものの、男女比については大きな変化はないと言われています。男性の保健師は、数として1%に満たないというデータも出ています。要するに、まだまだ「女性の仕事」という認識は変わっていないわけです。

ですから、もし、あなたが男性で産業保健師として働きたいと考えているのであれば、求人を探すのは苦労するつもりでいるべきでしょう。例えば、求人欄に男女の記載はなくとも、男性というだけで採用されないというケースも充分に考えられます(求人広告、求人欄の規制で、男女で雇用に差をつけてはいけないことになっているためです)。また、仮に採用されたとしても、女性としての待遇になることもあり、“女性の仕事”という認識はまだまだ拭いきれていないという現実を思い知ることになるかもしれません。

さらに、同僚のほとんどは女性という可能性も高くなりますから、デリケートな対応をしなければならない、ということもありえます。こうした状況の中で、それでもなお男性の産業保健師として働きたいと考えるのであれば、まずあなた自身の考え方を変えることが必要になってきます。そもそも、求人を探す上で「求人自体が極めて少ない」という認識の上で、情報を集めるべきです。そのため、どこかで妥協をしなくてはならないケースも出てきます。

今の仕事をそのまま続けるのであれば良いのですが、既に仕事をやめてしまった場合、いつまでも転職活動をしているわけにはいかないでしょう。いつかよい条件が出てくるまで待つか、それとも今見つけた求人に募集するか、どちらかを選択しなければなりません。また、待遇も転職においては大きな問題です。やはり、時間と妥協のどちらかを取らねばなりません。こうした難問を解決するために便利なのが、転職エージェントです。ほとんどは無料で登録できますし、あなたに代わって求人の情報収集をしてくれます。

さらに、待遇などのような、直接交渉しにくい話についても、代行してくれる所もあります。転職を急いでいる人も、いつか良い求人があったらという人も、まずは登録して、情報を集めるところから始めることをお勧めします。なぜなら、最初に述べたとおり、そもそも男性の産業保健師の求人は極めて少ないからです。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナースではたらこ

公式サイト ナースではたらこの公式ページへ

ランキング 産業保健師求人ランキング第2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ

ランキング 産業保健師求人ランキング第3位
サービス名

看護roo!

公式サイト 看護roo!の公式ページへ