産休・育休制度がある産業保健師求人をお探しの方へ

産業保健師求人ガイド > 産休・育休制度

産休・育休制度がある産業保健師求人を探すなら!

医療系の職種の看護師・助産師・保健師は女性の多い世界で、その為か最も多い離職理由が出産と育児に関することと言われています。やはり女性が働きながら家事や出産・育児をこなしていくことが大きな困難になってしまうからです。しかし、その中でも保健師の離職率は低くて、保健師は看護師や助産師と比較して仕事と家事・子育ての両立が可能な職種と考えられます。

保健師が働く職場には様々な種類がありますが、保健所や保健センターなどの公的機関もそのひとつです。そのような公的機関で働く保健師は公務員になるので、産休・育休制度などが充実しているので、仕事と家事・子育ての両立が可能な環境にあります。また一般企業などで働く産業保健師の場合も、通常はその会社の社員として雇用されるので休日・休暇については企業カレンダーに準じていますし、有給休暇などを取得することも可能です。それから近年は、時代の変化に伴って産休・育休制度が充実している企業も増えてきています。このように保健師が働く職場は、仕事と家事・子育ての両立が可能な職場が多いと言えます。

産業保健師求人を探す方の中には、仕事と家事・子育ての両立を考えて産休・育休制度がある企業を探す方もいます。先に触れたように産休・育休制度が充実している企業は増加傾向にあります。しかし保健師の求人に限ったことではありませんが、様々な求人情報を見ても募集内容にしっかりと産休・育休制度が明記されているのは大手企業が中心になっているようです。まだ中小企業では産休・育休制度の普及は浸透していない傾向にあると言えます。その点を考慮すると産休・育休制度がある産業保健師求人を探すのなら大手企業の求人が狙い目と考えられます。

ただ産休・育休制度がある産業保健師求人を探す際に注意したいことは、募集内容に産休・育休制度が明記されているだけで安心してはいけないということです。産休・育休制度が就業規定に定められていたとしても、実際の職場環境によってはそれが取得しにくい環境というケースもあるからです。一般的な企業の医務室では、1人か2人しかいないことが多くて、産休・育休制度を利用するとその期間の代替要員となる保健師を探す必要があります。ただ、簡単に代替要員となる保健師が探せない可能性も考えられるのです。産休・育休制度がある産業保健師求人を探す場合は、産休・育休制度が取得できる職場環境かどうかについても確認する必要があります。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ