マスコミ・テレビ局の産業保健師求人情報

産業保健師求人ガイド > マスコミ・テレビ局

マスコミ・テレビ局の産業保健師求人事情は!?

マスコミやテレビ局における産業保健師の求人事情は、どのようなものなのでしょうか?まず、マスコミ・テレビ局というと非常に曖昧なイメージになりますが、基本的に新聞・出版・ラジオ・テレビ・インターネットなどのような媒体を用いて、情報発信を行う業界を指します。最近はインターネットがテレビやラジオ媒体として情報を発信することもありますから、業界は混沌としており、一言でマスコミ・テレビ局と言っても色々な間口があることを理解しておく必要があります。

次に、大手や中小などといった企業の規模ですが、やはり大手は産業保健師という専門資格と言えども非常に狭き門です。その分、待遇も良い訳ですが、採用条件・求められる経験なども厳しいこともあり、突破することは困難だと言えます。しかし、そうした大手企業の多くは、健康管理センターや医務室など、社員の健康管理を専門の部署で行っていますから、しっかりとした管理体制の下で、産業保健師として働くことができるでしょう。

これに対し、中小企業の待遇は大手よりも低いことがほとんどで、専門の部署もありませんが、近年のヘルスケア・メンタルケア重視の背景も手伝い、求人は増えつつあると言われています。この業界に限った話ではないのですが、過重労働や精神的に過酷な業務を行う傾向にあるマスコミ・テレビ局においては、心身ともに社員が健康であることが何よりも求められるのです。

以前は、きつい・きびしいが当たり前でしたが、過労死などの社会的背景も手伝い、中小の企業であっても、産業保健師を設置することが求められているのです。誰しも望んで厳しい仕事で働きたいわけではありません。ですが、それが避けられないのであれば、産業保健師のサポートは何よりも欠かせないものとなってきます。とは言っても、なかなか個人では産業保健師の求人を見つけることは難しいかもしれません。そもそも、マスコミやテレビ局は、産業保健師として社員を雇うのではなく、“資格を持った一般社員”として社員を募集することがほとんどです。募集の段階で、必ずしも産業看護師としての立場が約束されているわけではないということです。

でも、せっかく応募するのであれば、産業保健師として審査・面接して欲しい所ですよね。そんな時こそ、転職エージェントの出番です。

一般社員ではなく、初めから産業看護師として応募している求人を探し出してくれるのは、企業の人事担当とパイプを持っている転職のプロだからこそです。産業保健師として、マスコミ・テレビ局で働く人達の健康を守りたいと考えるのであれば、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ