非常勤(パート・バイト)の産業保健師募集について

産業保健師求人ガイド > 非常勤(パート・バイト)

非常勤(パート・バイト)の産業保健師の求人を探す!

保健師の資格を活用して働きたいけれども家庭の事情により通常勤務の職場では働くことができないという方もいます。しかし、保健センターや保健所などで働く行政保健師なら、行政や自治体で非常勤・臨時職員といった名目で募集されることがあります。また、民間企業で働く産業保健師ならアルバイトやパートといった名目で募集しているので、通常勤務でなくても働くことは可能です。ただ、どちらの場合であっても求人が常にあるわけではないですし、それほど多く出ているわけでもありません。

しかし、民間企業で働く産業保健師が勤務する医務室には、一般的な医務室と企業内診療所の2種類あります。一般的な医務室の場合は、1人か2人で勤務するパターンが多いので、アルバイトやパートの求人がある可能性は低いです。ただ企業内診療所の場合は社内にクリニックが併設されているみたいなもので、医師や他の医療スタッフも勤務していて人員もクリニックと同等ぐらいです。その為、パートやアルバイトの求人を発見する可能性は一般的な医務室の場合よりは高くなります。非常勤(パート・バイト)の産業保健師の求人を探すのなら、企業内診療所をキーワードに探すのもひとつの手段として考えられます。

非常勤(パート・バイト)の産業保健師の求人を探すのなら、もうひとつ求人募集が掲載されるタイミングにも注意が必要です。パートやアルバイトを雇用して人員を確保しようとする場合もありますが、求人のタイミングとしては在籍中の保健師の産休や長期療養、健康診断時期で増員が必要な時などが多いのです。その求人のタイミングを逃さないことも求人を探す時に大事なポイントになってきます。また、産業保健師の求人は人気が高く絶対数が少ないために、通常勤務の職場を探している方もパートやアルバイトの求人に応募する可能性も考えられます。その為に、求人が掲載されてもすぐに応募が終了してしまうことも少なくない状況にあります。このような現状を回避するためには常に求人情報に注意していることも大切ですが、タイミングを逃さないで求人情報を入手できる手段を用意しておくこともひとつの方法になります。

それから非常勤(パート・バイト)の産業保健師の求人を探す場合、企業側では即戦力の人材を求めていることも理解しておくと良いです。保健師としてのキャリアやスキルを重視されるので、企業が求めるキャリアやスキルを持っていることをアピールする準備をしておく必要があります。また、近年はメンタルヘルスが注目されているので、メンタルヘルスに関連する資格を取得しておくと有利になる可能性が考えられます。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ