正社員の産業保健師募集について

正社員の産業保健師の募集を探す!

最新人気サイトランキングはコチラから!

産業保健師の求人情報を見ると、そのほとんどがアルバイトや契約社員、派遣社員など非正規雇用の募集が多くなっています。それでも、正社員にこだわって転職活動を行いたいと思っている人もいらっしゃるでしょう。

第一に、どのような企業で働きたいかを考えましょう。大企業か、中小企業か、もしくは外資系かなど、企業には多くの種類があります。企業の規模やタイプによっても職場の雰囲気や給与体系、福利厚生には大きな違いがあります。優先したいポイントを決めることが、まずは第一です。転職活動におけるゴールを明確化しましょう。

いずれにしても、求人がなければ意味がありません。転職サイトに登録して、自分で情報を検索しながら、スカウト求人にも登録しておきましょう。正社員としての保健師の求人が企業側から来る可能性もあります。非公開求人として、正社員の求人情報を掲載していない所も多くあります。非公開求人も見逃さない為には、転職エージェントに登録して、求人情報の紹介を依頼します。出来れば複数登録することがベターです。チャネルを増やすことで、より良い情報に出会える可能性をアップさせておきます。

正社員としての募集を探すことも一つですが、時間をかけて登用されることもまた一つの方法です。アルバイトや契約社員で、著しい業績を残せた場合、企業側から正社員としての採用を依頼されることもあります。ただ、これは非常に稀なケースで、多くの場合は契約継続もしくはストップされます。紹介予定派遣を利用してもいいでしょう。これは一定の契約期間満了後、企業側と派遣社員とが合意すれば、正社員として働ける制度のことです。

ただ、派遣社員として働く場合は、福利厚生などをきちんと確認しておきましょう。派遣社員は派遣先企業には雇用されず、派遣会社と雇用関係を結びます。福利厚生も派遣会社に準じます。紹介予定派遣を利用するのであれば、エージェントと同様に複数の会社で登録をしておきましょう。紹介予定派遣は人気の制度なので、競争率も高く、タイミングを逃すと、採用人数が限度に達して、働けないことも多々あります。

産業保健師として正社員で働く為には、まずは現状として求人数が少ないことを認めましょう。その上で、優先したいポイントや、契約社員や派遣社員からの登用制度を利用するのか、それとも最初から正社員に拘るのか、どのような企業で働きたいのかを明確にして、それに伴った準備をしましょう。事前の準備が成功のコツです。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナースではたらこ

公式サイト ナースではたらこの公式ページへ

ランキング 産業保健師求人ランキング第2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ

ランキング 産業保健師求人ランキング第3位
サービス名

看護roo!

公式サイト 看護roo!の公式ページへ