サービス業の産業保健師求人情報

産業保健師求人ガイド > サービス業

サービス業の産業保健師求人事情は!?

最新人気サイトランキングはコチラから!

サービス業は、ストレスとの戦いです。他の業種も人に接する機会はありますが、サービス業はすべからく人と接することを求められます。物言わぬ機械やパソコン、お金、数字を相手にするのと比較しても、そのストレスは極めて大きいと言えます。もちろん、上手にコミュニケーションを取ることができる人、上手くストレスを解消できる人ならば問題ありませんが、サービス業で働いている人全てが“上手に”やれるわけではないのです。

そのため、人と接することを主とするサービス業においては、うつ病などの労災が問題になる以前から、社員のメンタルヘルスについては注意をしていたと言われています。それだけに心のケアを行い、うつ病などの病を防ぐ産業保健師の雇用は、多くの企業で一般的になりつつあります。ただし、今も新しいサービスが生まれている中で、メンタルヘルスの問題について後回しにしている分野もないわけではありません。どうしても人件費などのリソースの問題があり、企業がある程度の規模にならなければ・・・という事情があるのは仕方のないことです。

そのため、パートタイムや臨時雇用などで産業保健師を雇い、社員のメンタルヘルスをケアする企業も増えています。もちろん、それだけで生活するのは、掛け持ちをしても難しいかもしれませんので、できれば正社員の産業保健師として働きたいと考える人も多いかもしれません。そうなると大手のサービス業の求人を探す必要が出てくるわけですが、元来、こうした産業保健師などの管理部門は、表立って募集をかけることがあまりないと言われています。

人事管理もリソースのひとつですから、そのリソースを本来のサービスへかけたいと思うためです。ですから、極力手間をかけずに、良い産業保健師を雇いたいと考えるわけです。そこで頼るのが転職エージェントです。つまり、産業保健師として就職したい人、産業保健師を雇用したい企業の橋渡しをするのが、転職エージェントと言うことになります。

こうした転職エージェントのサービスに登録し、産業保健師の求人について調査を依頼すると、恐らく何件かの求人がヒットするでしょう。しかし、それが本当にあなたの求める求人かどうかは、内容を精査しなければなりません。大手だからといって即応募すれば良いかと言うと、そうではありません。

思っていたような仕事ができなかったケースは沢山ありますので、転職のプロであるエージェント、そしてあなたのキャリア・経験と相談しつつ、最適なサービス業を選択するようにしてください。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナースではたらこ

公式サイト ナースではたらこの公式ページへ

ランキング 産業保健師求人ランキング第2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ

ランキング 産業保健師求人ランキング第3位
サービス名

看護roo!

公式サイト 看護roo!の公式ページへ