時短勤務の産業保健師求人をお探しの方へ

時短勤務の産業保健師求人を探すなら!

保健師の求人が近年増えてきていて保健師の需要が高まる傾向にあると考えられます。健康診断・健康相談・介護予防ケアプラン作成などを担当する保健師の求人が、医療機関や介護施設・地域包括支援センターなどからあります。また一般企業では、産業保健師・治験コーディネーター・臨床開発モニターなどの求人が見られますし、特に産業保健師の需要は高くなっているようです。その背景には、従業員の労働環境や健康管理が必要になっていて、企業としても従業員の労働環境や健康管理に対して意識するように変化してきているのです。特に、ストレスや悩み事などメンタル面のケアに対する意識が強くなっていて、産業保健師の需要が高くなっていると考えられます。

ただ、全ての企業で医務室や健康管理室を設置して保健師を常駐する必要はありませんし、また設置や常駐が義務付けられているわけでもありません。しかし、企業の規模や業務内容が大きくて従業員が多い企業では、営業・事務・販売などの一般業務と同様に労働環境や健康管理も重要になってきているのです。その為、保健師というキャリアやスキルを持った産業保健師が必要になるのです。ただ採用するには人件費などが必要になるので、まだ大手企業に限られてしまう現状もあります。しかし、大手企業では育児時短勤務制度や子育て支援制度など待遇や福利厚生が充実しているので、大手企業で勤務する産業看護師は恵まれた環境で勤務できることになります。

特に、保健師の大半が女性で子育てや家事との両立が働く上で問題になってしまうケースも少なくないです。先に述べたように大手企業なら産休や育休も取得しやすいですし、時短勤務も可能で子育てや家事との両立が可能な労働環境にあると言えます。時短勤務の産業保健師求人を探すのなら、待遇や福利厚生が充実している大手企業の求人を探すのもひとつの方法です。

ただ、待遇や福利厚生が充実している大手企業の求人ということで、人気があることから応募が殺到して狭き門になってしまうことも考えられます。そうすると、なかなかチャンスを手にすることができなくなる可能性があります。そこで、小規模の企業で産業保健師を雇用する場合は、コスト削減などの理由から時短勤務や曜日限定の非常勤勤務で雇うケースがあるので、もうひとつの狙い目になります。時短勤務の産業保健師求人を探すのなら、収入面では低くなることも考えられますが中小企業の産業保健師求人もチェックしてみると良いです。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ