ベンチャー企業の産業保健師求人情報

産業保健師求人ガイド > ベンチャー企業

ベンチャー企業の産業保健師求人事情は!?

最新人気サイトランキングはコチラから!

ベンチャー企業と言うと、大手に対して小さな企業と言うイメージを持つ人が多いと思います。確かに、個人で始めたベンチャー企業は、社員数も規模も非常に小さいと思いますが、必ずしもベンチャー=小規模というわけではありません。バックグラウンド、つまり出資を行う組織や企業などによって、大規模・大人数のベンチャー企業というのも存在するのです。

ただ、ベンチャー企業の多くは小規模であるということは事実ではあります。そのため、リソースの問題として、フルタイムの産業保健師を雇用する余裕がないというのは、多くのベンチャー企業経営者の悩みの種となっています。人件費がないから、社員の健康を後回しにして良いとは、口が裂けても言えないからです。そのため、こうしたベンチャー企業の多くは、パートタイム・臨時雇用で産業医・産業看護師・産業保健師を雇い、社員の健康を管理していることが多いと言われています。

今や、年1回の健康診断だけでは、社員の健康を管理しているとは言えない時代になってきました。しっかりと専門の医療従事者を配置し、健康管理を行うことが、ベンチャーであろうと経営者の責務となっているのです。ですから、雇用形態さえ選ばなければ、ベンチャー企業で産業保健師として働く道は無数にあると言ってよいでしょう。規模、分野、地域を問わず、日本では日々ベンチャー企業が生まれています。地方も活気が出てきていますが、やはり都心での起業が多いため、募集傾向としては都心の方が多いと考えられます。

ベンチャー企業と言っても、産業保健師としての責任は同じです。それこそ健康に関する全権を任されるでしょうから、柔軟な対応と豊富な経験が求められるかもしれません。また、ベンチャー企業は、起業間もないことから、経営者の考えや企業風土が色濃く出る傾向にあります。そういったことを事前に知っておくのであれば、応募して面接の際に聞いてもよいかもしれませんが、転職エージェントなどを利用し、情報収集を代行してもらうのも手です。

また、企業側としてもそういった情報を発信したがっています。お互いにベストマッチングするためには、こうしたエージェントを橋渡しに利用することが、現状では最適な方法のひとつではないでしょうか。日本の産業発展にはベンチャー企業の躍進が欠かせません。そこで働く人達の健康管理を担う産業保健師も、その一員と言えます。そういった意味では、大変やりがいのある選択と言えるのではないでしょうか。

産業保健師求人サイトランキング
ランキング 産業保健師求人ランキング第1位
サービス名

ナースではたらこ

公式サイト ナースではたらこの公式ページへ

ランキング 産業保健師求人ランキング第2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイト ナース人材バンクの申し込みはコチラ

ランキング 産業保健師求人ランキング第3位
サービス名

看護roo!

公式サイト 看護roo!の公式ページへ